リッククリック!ロゴ
日産労連(全日産・一般業種労働組合連合会) ライフサポート・サイト
文字サイズ
 共 済  相 談  福 祉 活 動  保 養 施 設  旅 行・宿 泊・レ ジ ャ ー  リ ッ ク カ ー ド  キ ャ ン ペ ー ン
リ ッ ク と は?  よ く あ る 質 問  発 行 物  お 問 合 せ・資 料 請 求  リ ン ク  サ イ ト マ ッ プ
リックとは
日産労連の「ライフサポート活動」が「Lic(リック)」です

リックは日産労連の組合員はもちろん、エルダークラブ会員や非組合員のリック会員のみなさんとその家族の生活をサポートするためにあります。そして共済、福祉、文化・体育、社会活動といった分野で様々な活動を行なっています。
Lic(リック)とは?
  ●活動のコンセプトと愛称
  日産労連が「ライフサポート活動」を行なっていく上で、コンセプトを決めました。それが、「Live Coordinator(ライブコーディネーター)」です。
 「Live Coordinator」とは、日産労連や各組合が持っている、あるいはこれからつくっていく、「いきいきライフ」づくりのための制度やしくみを、一人ひとりの組合員や家族のニーズにあった組み合わせや方法で、有効に利用してもらうよう提案し、おすすめしていくことです。  この「Live Coordinator」から愛称を「Lic(リック)」としています。

  Live:(形)いきいきとした、燃えている、元気な
  Coordinator:調整し、組み合わせて提案する組織・人
 
●「ライフサポート活動」を提案した背景と考え方
 第23回定期大会(1991年)で「ライフサポート活動」への取り組みを決めました
 総合生活の改善をはかる活動の3本柱のひとつとして、労働組合自らが組合員や社会との関係で取り組む「ライフサポート活動」を進めることを決めました。
 それは、労働組合として、より豊かで充実した生活、できるだけ不安の少ない生活を実現するために、もっと個人の生活場面に目を向けたいと考えたからです。

家庭人としての生活を大切にしたいと考えます
 私たちは、車両や部品の製造・輸送・販売などをはじめ、さまざまな分野の仕事に携わる職業人です。また、社会人として地域社会へ参加し、地方行政、国政にもかかわっています。
 そして、わたしたちは、一人の人間として、自分の生きがい・働きがいや可能性を追及しており、また家庭人として、家族の健康や団欒など、より充実した生活への夢や希望をたくさん持っていいます。
同時に、子供の教育問題、住宅問題、冠婚葬祭など人生の節目ごとの悩みや苦労、家族の健康に対する心配、老後の不安など、たくさんの問題を抱えています。
 日産労連は、これら一人ひとりの夢や希望、問題や悩みに、労働組合として、もっと応えられないかと考えました。

「ライフサポート活動」の出発点は・・・
 人生80年時代の中で、生涯を通じて豊かで充実した生活を過ごすために、労働組合として、新たな視点と発想にたって、組合員一人ひとりの個人生活に役立つ幅広い活動を進めていきたい。 そのために、日産労連21万人(当時の組織人員)のスケールメリットと相互扶助の精神を活かして、福祉活動・共済活動・定年退職組合員制度の一体的な運営を強め、家族を含めたより総合的な「ライフサポート活動」を進めていきたい。
 これが「ライフサポート活動」の出発点でした。

リックの活動
  ●リックの会員への活動
 リックの活動では会員とその家族の生活サポートに向けた制度やサービスが数多くあります。詳しくは各ページをごらんください。

・共済  共済のページへ
<リック総合共済・エルダー共済>
 リック会員17万人のスケールメリットを活かしたトータル保障。死亡、傷病、障害(※1)、出産(※1)、住宅災害、結婚(※1)、入学祝(※1)、特別子供年金(※1)、葬儀共済、長寿祝(※2)といった給付が受けられます。
(※1)は総合共済のみ (※2)はエルダー共済のみ
<任意共済>
 安い掛金で内容も充実。自然災害まで補償する「火災共済」、死亡、障害、入院までワイドな保障の「生命共済」、その他「3大疾病保障」「リック生命共済キッズタイプ」などの共済がそろっています。
イザという時、あなたのお役にたつ、本当に安心・有利な制度です。

・相談  相談のページへ
 法律、メンタルヘルス、介護・健康、結婚、住宅、相続、労働問題など様々なシーンにおいて、相談サービスを提供。 「こんな相談でもいいのかな?」と思う前に、気軽にご相談ください。

・福祉活動  福祉活動のページへ
 ボランティアの輪を広げることと、それに伴う環境づくりのために、組合員または労組、組合、支部のボランティア活動をサポートする「ボランティア活動支援制度」を実施しています。

・保養施設、旅行・宿泊・レジャーなどでのサービス  保養施設のページへ   旅行・宿泊・レジャーのページへ
 日産労連の保有施設と提携施設の利用や、旅行会社との提携による割引価格で海外・国内旅行を楽しむことができるリックトラベルサービスがあります。
 また、リックカードのとくとくシリーズでは様々な施設・企業と提携しています。
  ●地域や社会への活動
 地域や社会に貢献する活動としてNPO法人「ゆうらいふ21」を設立し、「クリスマスチャリティー公演」や「チャリティーきゃらばん」「発達しょうがい児と家族のためのウィンターキャンプ」などの社会貢献活動を行なっています。


リックの会員
  ●リックの会員資格
  リックの会員は、日産労連組合員に限定せず、日産労連に関係する皆さんで構成されており、幅広く利用されています。
  ・日産労連組合員
  ・日産労連エルダークラブ会員(下記参照)
  ・日産労連および構成組合の事務局員
  ・リックカードを保有する非組合員(職制を含む)(下記参照)
  ・その他日産労連が特に定めたもの
  ●リック会員のパスポート、リックカード
 リックの会員になるとリックカードが支給されます。このリックカードはリック会員の身分証(IDカード)です。 暮らしを豊かに彩るリックの制度・サービスを利用する時のパスポートとなります。詳しくはリックカードのページをご覧ください。
  ●あなたもリックの会員になりませんか?
 定年により日産労連組合員でなくなった方も、会社の制度上、組合に加入できないみなさんもリックの会員になることができます。

OBのみなさんへ
エルダークラブ会員になりませんか?
 職場で長年にわたりご苦労されてきた先輩のみなさんに、定年後も多くの仲間とともに生きがいを持って生活していただくために。そんな思いで昭和54年(1979年)3月に「定年退職組合員制度」をつくりました。その後、平成2年に制度の名称を「エルダークラブ」と改称し、活動の充実をはかってきました。多くの仲間が、あなたを待っています。

エルダークラブ会員になると
日産労連が提供する制度・サービスが受けられます。
エルダークラブ共済の適用
日産労連「火災・生命共済」への加入
  ※生命共済は64歳未満の会員が対象です。
無料職業紹介所を利用できます(東京・神奈川・埼玉・千葉・栃木)
エルダークラブの主な行事
エルダークラブ総会を3年に1回開催します。
「エルダークラブ通信」や日産労連機関誌「ゆうLife」をお届けします。(年4回)
ブロック毎に自主活動を行ない行事への参加ができます。
趣味を生かしたサークル活動があります。
日産労連の保有・提携施設が利用できます。
エルダークラブ会費
600円(共済掛金200円を含みます)
会員の口座から年2回(1月、7月に6ヶ月分3,600円)引き落としになります。
リックカードはそのまま継続して使えます。

お問合せ
エルダークラブ
(組織政治局 エルダークラブ事務局)
フリーダイヤル 0120-005560 (ゴーゴーエルダー)
月曜日〜金曜日8:45〜17:30
非組合員のみなさんへ
リック会員になりませんか?
 リックの制度・サービスでは、より多くのみなさんにリックを利用していただくために、組合員のOBでもある職制のみなさんや会社との協定によって、制度上組合に加入できないみなさんにも参加していただき、みんなで一緒により安らぎのある充実した生活を実現する「リックの輪」を広げたいと思います。 みなさんのご参加をお待ちしています。

リック会員になると
日産労連が提供する制度・サービスが受けられます。
クレジットカードが年会費無料でご利用できます。
各種共済、相談、保養施設など様々な制度・サービスがご利用できます。
「リック情報」や日産労連機関誌「ゆうLife」をお届けします。(年4回)
リ ック会費について
非組合員のみなさまは、リック会員として、組合員と同等のライフサポートサービスを受けるため、リック会費をお支払いいただきます。※月600円(半年毎3,600円)
会員の口座から年2回(1月・7月)引き落としになります。
その他
非組合員の方がリック会員でいるためには、必ずクレジットカード(VISA・マスター)をお持ちいただきます。
届出内容(住所、口座変更など)に変更が生じた時は、変更届出書を所属労組に提出してください。

お問合せ
お申込みは組合からの手続きとなりますので所属労組へお問い合わせください。
▲このページのトップへ戻る